FRep

プログラム【ツムツム起動v5.2】(変数必須)

ツムツムの起動〜ランキング画面に到達までのプログラムです。

当サイトでの起動プログラムは2つありますので、どちらかを選択してください。

■【ツムツム起動v5.2EZ】(初級)
■【ツムツム起動v5.2】(変数必須)(こちらの記事です)

一番の違いは、ランキング画面まで到達出来なかった時に起動をやり直すかどうかです。

【ツムツム起動v5.2】は起動やり直しをする為に変数を使っての時間調整が必須になりますが、ほぼ失敗がありません。

【ツムツム起動v5.2EZ】は変数を使わない代わりに起動やり直しをしない為、通信速度低下トラブルや予想しない仕様変更等で多少の失敗が考えられます。筆者は通信環境が悪いので月2回程失敗が発生しています。

 

スポンサーリンク

概要と特徴

当サイトでのLlama設定を考慮して、Llama画面からのプログラム開始を想定しています。(MacroDroid使用の場合はHOME×2を削除してください)そしてツムツムランキング画面に到達でプログラムを終了します。

もしもランキング画面まで到達出来なかったらスクリーンショットを撮って起動からやり直し、3回起動しても駄目だった時には諦める仕様となっています。

例えばログインボーナス対応をプログラムに組み込んでいない場合でも、この3回やり直しによって問題なく起動できます。今後ツムツムの仕様変更があっても、ほぼ対応できる万能プログラムです。

時間調整

3回やり直しをした場合はプログラム終了まで90〜150秒程度の時間が掛かります。1回で起動出来た場合の最短は30秒程度だとすると約120秒の差がつき、早まきが起こってしまいます。

早まき防ぐ為には、時間変数を使って[プログラム開始からxx秒]の待機を入れ、ハート送信の開始時間を常に一定にします。

出来れば、時間変数は起動プログラムではなくフルオートプログラムでボックス受取の後に入れると効果的です。

早巻きについて詳しくはこちらをご覧ください。

追加ダウンロード対応[v5.2]

[2019.2.20]追加
2018年11月末より表示される様になった追加ダウンロードに対応します。

追加ダウンロードはツムツムの更新の直後に表示される事が多いですが、それだけではなく突然表示されることもあります。【OK】をタップしてダウンロードを行わない限りツムツムにログイン出来ない為、MacroDroidやLlamaを使用していても次回の復帰は出来ません。

■起動プログラムに【追加ダウンロード】の画像認識を追加して【OK】をタップさせます。→プログラム17,18追加

■同じ時期に[TapToStart]からログインまでの時間が若干長く変更された様なので、それに合わせて待機時間を変更しました。→プログラム16の待機時間10→12秒に修正

詳細はこちらをご覧ください。→ 【追加ダウンロード】ツムツムのアップデート【1.64.1】

※ツムツム更新後は毎回手動でツムツムを起動させましょう!こちらで対処するのは突然表示される場合のものです。更新後の追加ダウンロードは時間が掛かる為プログラム中での対応は難しいかもしれません。

 

実際の起動の様子

【ツムツム起動v5.1】2パターン

※音量にご注意ください

左:イベント告知もなくストレートにランキング画面に到達したパターン

右:起動を3回やり直し、3回のイベント告知【とじる】もあるパターン

[プログラムスタートから120秒]の待機を入れてある為、どちらのパターンも同じタイミングでプログラムが終了します。

※テストプログラムでは起動プログラムに時間変数を入れてあります。

 

FRepのプログラム

FRep起動プログラム5.2
FRep起動プログラム5.2
FRep起動プログラム5.2
FRep起動プログラム5.2

[起動v5.1]

FRepプログラムツムツム起動v5.1

FRepプログラムツムツム起動v5.1

FRepプログラムツムツム起動v5.1

FRepプログラムツムツム起動v5.1

 

 

 

プログラムの説明

1.[Home]–【条件・制御の設定】から【キー操作】で[Home]を指定します。

FRepキー操作Home

Llama画面からのプログラム開始の場合、ツムツムアプリ落ちした場合はLlama画面に戻ることになってしまいます。万が一、Llama画面でFRepに予期しないタップ等で勝手に変更されることの無い様に、Llamaからの脱却として端末ホーム画面に移動しておきます。

2.[Home]–端末ホーム画面でも、FRepによる予期しないタップでのアプリ起動の可能性があります。そこで、ホーム1頁目はアプリを何も入れずに2頁目から使用する様にすれば、万が一ツムツムアプリ落ちした場合でも勝手なアプリ起動が防げます。FRepのアプリ制限ではプログラムが停止してしまうので、こちらの方法を推奨します。
端末ホームが2頁以上ある場合は、ホーム2度押しでホーム1頁目に移動できるはずです。
アプリ無しで頁が作れない端末の場合は、1頁目にメモリ解放アプリを入れると良いでしょう。

※MacroDroid使用でHOMEが不要の場合は1.2を削除します

3.[スクリーンショット]←詳細はこちらを確認

FRepスクリーンショット設定
LlamaからFRepが実行されないトラブルがある場合の確認用です。現在特にトラブルのない方は、こちらのスクショは不要です。

4.[メモリ開放アプリ実行]–詳しくはこちらをご覧ください→ メモリ開放アプリを入れてみた

5.[待機]10.0秒–メモリ解放アプリ用に長めに待機します。

6.[ループ]3回–起動やり直しのループです。

7.[アプリ終了]–前回エラー等でツムツムが起動したままの場合に備えて、まずはアプリ終了をします。機種によっては強制終了にチェックをつけないと駄目な場合もある様ですが、通常はチェックなしで大丈夫だと思います。
アプリ終了でツムツムが指定出来ない場合は、先に5.[ツムツムアプリ起動]を作ると指定出来るようになります。

8.[待機]1.0秒

9.[ツムツムアプリ起動]–タスク履歴は「全てクリア」「トップ入替」どちらでもいいです。

10.[待機]3.0秒

11.[アニメカットループ]

12.[タップ]–アニメーション短縮用のダブルタップです。【Tap To Start】に被らない場所にします。

13.[ループ終了]

14.[Start連打]←詳細はこちらを確認
FRep Start連打(rec)
黒告知回避用のタップ連打です。

15.[Tap To Start画像認識]←詳細はこちらを確認
FRep画像認識TaptoStart設定
ここで失敗したら、25→27.スクショを撮って起動からやり直します。

16.[待機]12.0秒–ログイン待機(=イベント前待機)

17.[追加ダウンロード画像認識]←詳細はこちらを確認

FRep起動プログラム5.2

失敗した場合は追加ダウンロードが無いという事ですので、18の待機は不要の為19のループへ分岐します。

18. [待機]20.0秒
ここで充分に待機を取って次のループまでにダウンロードを終わらせないと、ツムツム終了→起動やり直しになってしまいます。20秒で大丈夫かどうか今後様子を見ていきますが、ダウンロード時間は個々の通信環境によって大きく変わりますので、足りない場合は時間を足してください。

17→19.[ループ]–いろいろな【とじる】をタップする為のループです。
(1)イベント告知   ×3回
(2)ログインボーナス ×5回
(3)月曜日用報酬   ×2回
合 計 予備入れて   12回

20.[ランキング画像認識]←詳細はこちらを確認
FRepランキング画像認識
ランキング画像認識に成功したら30.プログラムを完了(予定時間まで待機)します。

19→21.[今日は表示しない画像認識]–一致ピクセル率80%
FRep画像認識今日は表示しない

FRep画像認識設定 今日は表示しない

ランキング画像認識(失敗)で撮ったスクショで判定できますので、スクリーンショットを撮るのチェックを外します。

20→22.[各種とじる画像認識]←詳細はこちらを確認
FRepとじる画像認識設定

ランキング画像認識(失敗)で撮ったスクショで判定できますので、スクリーンショットを撮るのチェックを外します。ここで成功したら、23.[キャンセル]と24.[ホーム]では無いという事にもなりますので、25.[ミッションタップ]に分岐します。

21→23.[キャンセル画像認識]←詳細はこちらを確認
FRep画像認識キャンセル設定

ランキング画像認識(失敗)で撮ったスクショで判定できますので、スクリーンショットを撮るのチェックを外します。ここで成功したら、24.[ホーム]では無いという事にもなりますので、25.[ミッションタップ]に分岐します。

22→24.[ホーム画像認識]←詳細はこちらを確認
FRepホーム画像認識設定

ランキング画像認識(失敗)で撮ったスクショで判定できますので、スクリーンショットを撮るのチェックを外します。
ここで成功したということは何らかの理由でトラブルが起きているという事ですので、27.スクショを撮って起動からやり直します。稀に【Tap To Start】画面からやり直しも可能ですが、通信不具合の場合は【Tap To Start】からやり直しても再びエラーになり何度も【Tap To Start】を繰返す為、起動からやり直した方が確実です。
ランキング画像認識をループで12回失敗しするのと同じですが、ホーム画面を認識することによって素早いやり直しが可能になります。

23→25.[ミッションタップ]–間隔3.0秒(待機後タップ)
ピックアップガチャのお知らせ等いつ来るかわからない、どこをタップしても回避出来るものに対応します。間隔3秒はその前の画像認識でタップした待機も兼ねています。

ミッションタップとは…今日のミッションすぐ下の【達成度バー】の辺りをタップすることを指します。ランキング画面でタップしても何も起こらない箇所として、どこをタップしても回避できる場合によく使います。詳細は→こちら

24→26.[ループ終了]–12回まではランキング画面かどうかを判定します。

25→27.[スクリーンショット]←詳細はこちらを確認
FRepスクショ設定

もしランキング画面に到達出来なければ、その時のスクリーンショットを撮ります。

26→28.[ループ終了]–3回までは起動からやり直します。

27→29.[中断]–3回で駄目ならば諦めます。
尚、このプログラムを関数で使用した場合は、[中断]と[完了]でプログラムの分岐先を変えることが出来ます。

28→30.[完了]–本来はここで完了にします。
※テストプログラムではわかりやすい様に起動プログラムに時間変数を入れてありますが、実際にはフルオートプログラムでボックス受取の後に入れると効果的です。

プログラム31と32についても、詳細はこちらをご覧ください。

29→31.[変数]–[プログラム開始から2分]に設定します。

FRep変数

30→32.[待機]–wait変数を待機秒数に指定します。

FRep待機(wait変数)

 

まとめと修正情報

以上で【ツムツム起動v5.2】(変数必須)が完成しました。

[2019.2.20]修正 v5.1→v5.2
追加ダウンロードに対応しました。

[2019.2.25]修正
ランキング画像認識の判定を80%→90%に変更しました。

[2019.3.6]修正
【FRepのプログラム】の画像を訂正差し替えしました。
[15.画像認識]失敗の行き先なし→[27スクショ]へ
[24.画像認識]成功の行き先なし→[27スクショ]へ
※【プログラムの説明】は訂正なし

 

出来れば、時間変数は起動プログラムではなくフルオートプログラムでボックス受取の後に入れましょう。

よかったらシェアお願いします
友達追加で新着情報お届けします
スポンサーリンク
FRep自動化教室–ツムツムのハート送信が楽になる方法–

コメント

  1. 松家 順司 より:

    いつもお世話になっています。起動からランキングまでのプログラムをまるごとコピーさせていただいてますが14番のstart連打の後のTapTo Startの画像認識がうまくいかず、困っています… 設定は同じにしていて、テストでも0.1秒で認識しているのに、起動状態では認識しなくループして起動をやり直してしまいます… 待機を10秒以上開けてもダメでしたし認識待機を10秒以上開けて試してもダメでした。試しにTapTo Startだけで起動させるとキチンと認識してタップしました。説明が下手で分かりにくいかと思いますが、アドバイスありましたらお願いします。使用端末はNexus5X Android8.1です

    • かのんかのん より:

      コメントありがとうございます(^^)
      問題点は「プログラム」なのか「Tap To Startの画像認識」なのかがわかると解決が早いです。

      >試しにTapTo Startだけで起動させるとキチンと認識してタップしました。
      これは、以下の意味でしょうか?
      (1)プログラムを「Tap To Startの画像認識」だけにする
      (2)ツムツムを開き、Tap To Startの画面にする
      (3)(1)のプログラムをパネルから実行して、タップするかどうかを確認する

      1-3でタップするのならば、画像認識は大丈夫という事ですので、プログラムをもう一度確認してください。再生プロセスの通知が邪魔をして画像認識が失敗することもありますので、その点も確認してください。

      1-3でもタップしないのならば、画像認識が成功しないという事ですので、まずはスクショ撮り直しをしてみて、それでも駄目ならば視力保護アプリなどを使っていないか、スクショがjpg画像ではないか、端末が自動で画面解像度を変更していないか、更には端末画面の液晶焼付による問題、画面タッチ切れ問題を疑うことになります。

      以上、よろしくお願いします。

  2. バナナ より:

    ツムツムを起動した後に黒広告の対応をしてそのあと、tap to startが行われずにプログラムが終了してしまいます。何故でしょうか?

    • かのんかのん より:

      TapToStart画像認識が失敗しているか、またはプログラムの制御(行き先)が間違えているのかと思いますので確認してみて下さい。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました