FRep

プログラム【イベント用】画像認識とカード中断/再開

本日2019年11月5日よりイベント【ツムツムのBirthdayParty】が始まりました。

フルオート送信をしている方は、そのままではイベントを開始すると送信が止まりますのでご注意ください。

この記事ではイベントとハート送信を両立するにはどうすれば良いのかをまとめました。

友だちからのギフトBOXをたくさんもらいたい場合は手動での中断ではなく、プログラムを変更しましょう。

 

スポンサーリンク

イベントのカードを中断

プログラムを変えずにイベントをしたい場合は、イベント終了後に手動で【カード中断】をして下さい。中断すれば問題なくハート送信可能です。

但し、このタイプのイベントでは毎回「中断忘れミス」が発生します。手動で切り替える方はくれぐれもご注意ください。

また、このイベントでは友だちの部屋に行ったりギフトBOXを贈りあったりできます。手動で中断した場合はその間、友だちからのギフトBOXを入手することは出来ません。

 

ハート画像認識を修正

ハート画像認識の検索する範囲を変更することによって、ハート送信ができます。

検索する範囲で上下と左の位置はそのまま、右側の位置を小さいハートの部分までカバー(画像:黄色線)します。これでテストしてみてください。イベント中の画面で大小のハート両方で成功すればOKです。

【基本ハート送信v2】の様に【OK】をタッチ操作でタップしているプログラムならば、これだけでイベント中にも問題なく送信できます。

[191106]追加
【OKリトライ画像認識】

当サイトお勧め(左上位置サイズ32*2検索範囲)の画像認識でしたら修正せずにそのままで大丈夫です。

【OK】タップにタッチ操作ではなく画像認識している場合、上記の様に(左上位置サイズ32*2検索範囲)でしたら大丈夫かと思いますが、【OK】の文字を全て囲んで認識している場合は修正が必要です。

成功できない機種

画面が小さかったり画像解像度が低い端末の場合には、検索する範囲の変更だけでは成功しない可能性もあります。認識する範囲がハートの幅いっぱいになる端末では厳しいでしょう。

その場合は次項の【カード中断/再開プログラム】使う方法もありますが、画像認識に【マスク】を使用することで成功できるかもしれません。

 

カード中断/再開プログラム

ハート送信中はイベントを中断し、送信が終了次第イベントを再開します。

ハート画像認識で成功できない機種、またはプログラムが複雑な為にハート画像認識全てを修正するのが大変な場合はこちらの方法が使えます。

概要

■ハート送信開始前に、イベント中だったらカードを中断する。

■ハート送信終了後に、イベントを再開する。

イベント中かどうかは左下の「カードボタン」の【】を画像認識で判断します。ミッキーのアイコンは揺れている為画像認識が難しいです。

■【】がある:イベントを中断している

■【】がない:イベントを再開している

他のカードにしている場合も同じ様に判断されます。

カード中断プログラム

ハート送信開始前に関数にした【イベント中断】プログラムを追加します。

詳細は割愛しますのでプログラムのスクショから読み取ってください。このプログラムは【】画像認識以外は【操作の記録(Rec)】でも良いと思います。

カード再開プログラム

ハート送信終了後またはBOX受取後に関数にした【イベント再開】プログラムを追加します。

詳細は割愛しますのでプログラムのスクショから読み取ってください。このプログラムは【】画像認識以外は【操作の記録(Rec)】でも良いと思います。

よかったらシェアお願いします
友達追加で新着情報お届けします
スポンサーリンク
FRep自動化教室–ツムツムのハート送信が楽になる方法–

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました