FRep

FRepの使い方【画像認識】jpg画像編

FRepの画像認識で指定出来る画像は「png形式」のファイルに限られていました。

が、実はFRep4.5 以降は「jpg形式」の画像でも画像認識が可能になっています。

お使いの端末のスクリーンショットの保存が「jpg形式」の場合、画像認識をする為には2つの方法を選択できるという事になります。

■「jpg形式」画像を使う

■「png形式」画像を用意する

 

スポンサーリンク

jpgやpngって何だろう?

「jpg」や「png」とは、いろいろな画像ファイルの保存形式です。

ファイル管理アプリでファイルの拡張子を見ると「xxx.jpg」や「xxx.png」となっているので、それで区別が出来ます。

画像ファイルは他にも「gif」や「bmp」等があります。それぞれの特徴等はここでは割愛しますので、気になる方は自分で調べてみてください。

多くのスマホでは、スクリーンショットの形式は「png」になっていますが、中には「jpg」で保存される端末もあります。

余談ですが、筆者のP10liteのスクショはpng形式でした。が、Android7→8へ更新したらjpg形式になってしまいました。設定で変更も出来ない様です。

 

「jpg形式」画像を使う

お使いの端末のスクリーンショットがpng形式ならば、こちらの記事は必要はありません。

もしもjpg形式の場合、又はどちらなのか分からない場合は少し注意が必要です。

画像認識[完全一致]と[一致ピクセル率]で「jpg形式」の画像を使用すると、テストでは成功するものの、プログラム実行中に失敗する可能性が高くなります。

[色の類似度]ではその心配はない様ですので、「jpg形式」の場合はなるべく[色の類似度]と[検索:類似度]を使用しましょう。また、実際にプログラムを実行して成功するかどうかの確認をした方が良いでしょう。

「jpg形式」画像の表示

通常は画像を指定する際に「jpg形式」の画像は表示されませんので、「jpg形式」画像を表示する設定にします。

【記録の管理】-【プログラム作成】または【プログラム編集】を開きます。

FRepプログラム設定メニュー

【三】メニューを開き、一番下までスクロールして【編集画面設定】をタップします。

 

FRep設定jpg画像を表示

【jpg画像を表示】にチェックをつけます。

これで、画像を指定する際に「jpg形式」が表示される様になりました。

逆にこちらのチェックが無くても画像が表示される場合は、お使いの端末のスクリーンショットは「png形式」という事になります。

 

「png形式」画像を用意する

今までは別アプリでbmp又はpngに変換した画像の使用をお勧めしていましたが、FRepのみで「png形式」へ変換保存が出来ます。但し、FRep UnLock key(課金)が必要です。

■Frepプログラムの【スクリーンショット撮影】で保存する。

■FRep4.5 以降に実装された【Shotボタン】機能でスクリーンショットを保存する。

どちらでも「png形式」での保存が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

※当記事作成前に【Shotボタン】について加筆しました。

よかったらシェアお願いします
友達追加で新着情報お届けします
スポンサーリンク
FRep自動化教室–ツムツムのハート送信が楽になる方法–

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました