ブログ

Android端末を買うなら64bitを!

ツムツムがAndroid4.4未満の端末でログイン認証が出来なくなった為、新しい送信機を購入される方も多いと思います。そんな中、またまたMSRさんにとても有益な情報を教えて頂きました!

新しく送信機を購入する場合、今後は 64bitのAndroid端末をお勧めします!

 

スポンサーリンク

32bitと64bit

Android端末のCPUは32bitと64bitがあります。

パソコンも8→16→32→64bitとCPU性能が上がってきています。iPhoneも5cまでは32bit、5Sからは64bitのCPUを搭載しています。

Android端末は、2014年のAndroid5.0から64bit CPUのサポートが始まりましたが、数年間は32bitと64bit両方が混在していました。2018年以降の端末はほぼ64bitと考えて良い様です。

[2020.7.16追記]
尚、CPUが64bitでもOSが32bitしか対応していない端末もある様です。

 

32bitは2021年8月迄に終了

Google Playでは、2021年8月1日以降は64bit版以外のアプリの配信を停止するそうです。

つまり、32bit版の端末では2021年8月1日以降にはGoogle play ストアからツムツムのアップデートができなくなります。また、それ以前にツムツム側にて32bit版への提供を終了すると、その時点で32bit端末は使えなくなります。最近では、ポケモンGOで2020年8月で32bit端末への終了予定→一転暫く継続になったという経緯もあり、ツムツムもいつサポート終了になるのか少し怖いですね。

 

64bit端末は?

では、どの端末が64bitなのかというと、wiki等にも載っていない場合が多くわかり難いです。

■2014年以前(初期OSがAndroid5.0未満)の端末は32bit
■2015年~数年は32bitと64bitが混在
■2018年以降発売の端末は64bit ※もし32bit端末があればコメント欄で教えてください。

筆者が調べたものをまとめておきます。今後、判明出来た端末は一覧に追加していきます。

※下記機種でFRep動作確認している訳はありません。あくまでもCPUの確認のみとなります。

[2020.7.16追記]
CPUが64bitでもOSが32bitしか対応していない端末もあり、その場合は32bit版の端末=【armeabi-v7a】となる様です。
※対応表は修正しました
CPU機種名モデル発売日備考
32bitXperia Z2
32bitXperia Z3SO-01G2014年10月
32bitXperia Z3 CompactSO-02G2014年11月※Z4はFRepにはお勧めしません
64bitXperia Z5SO-01H2015年10月5.1→6.0→7.0 [Android更新:2020年9月末まで]
64bitXperia Z5 CompactSO-02H2015年11月5.1→6.0→7.0 [Android更新:2021年1月末まで]
64bitXperia X PerformanceSO-04H2016年6月6.0→7.0→8.0 [Android更新:2021年3月末まで]
64bitXperia XZSO-01J2016年11月6.0→7.0→8.0 [Android更新:2021年6月末まで]
64bitXperia X CompactSO-02J2016年11月6.0→7.0→8.0 [Android更新: 2021年8月末まで]
32bitGalaxy S42013年4月
32bitGalaxy S52014年4月
32bitGalaxy Note 32013年9月
32bitGalaxy J32016年1月
32bitGalaxy FeelSC-04J2017年 6月CPUは64bitだがOSが32bit
64bitGalaxy S6SC-05G2015年 4月
64bitGalaxy S7 edgeSC-02H2016年 5月
64bitGalaxy Feel2SC-02L2018年11月
32bitNexus 7 (2013)2013年
32bitMotorola Moto G
(第1世代)
32bitSHARP SHL252014年 6月
32bitAQUOS USHV352016年 6月CPUは64bitだがOSが32bit
64bitAQUOS senseSHV402017年11月Android 7.1
64bitHuawei P8lite2015年 6月Android5.0→6.0
64bitHuawei nova litePRA-LX22017年 2月Android7.0
64bitHuawei P10lite2017年 6月Android7.0→8.0
64bitHuawei MediaPad T32017年 7月Frep動作未確認
64bitHuawei P30lite2019年5月

 

自分で調べる方法

FRepアプリでCPUのビット数が確認できる事がわかりましたので追記しておきます。

※念の為【DoCoMo端末仕様確認ツール】の使用方法も残しておきます。

お手持ちの端末[2015年~2017年発売]でCPUのビット数が判明した端末がありましたら、是非コメント欄より書き込みお願い致します!一覧表に追記させて頂きます。

FRepアプリ

【システム情報】をタップ

【arm64-v8a】と表示されれば64ビットです。
【armeabi-v7a】と表示されれば32ビットです。

Android端末CPU

Android端末CPU

DoCoMo端末仕様確認ツール

所持している端末ならば「端末仕様確認ツール」アプリをインストールする事で様々な端末仕様を調べる事が出来ます。DoCoMo端末だけでなく他の端末でも使用可能です。

CPUが32bitか64bitかを調べる方法です。

インストールして起動させると使用許諾契約書等が表示されるので確認します。ユーザー許可はCPUの確認には不要なので【許可しない】でも大丈夫です。
Android端末CPU

初期設定が終わったら【端末情報】をタップします。
Android端末CPU

【CPU】をタップします。
Android端末CPU

【ネイティブコードの命令セット】を見て下さい。

【arm64-v8a】と表示されれば64ビットです。
【armeabi-v7a】と表示されれば32ビットです。

Android端末CPUAndroid端末CPU

確認が終了したら「端末仕様確認ツール」アプリはアンインストールしておきましょう。

 

まとめ

Android端末は年々進化しており、現状は1年毎にバージョンが変わっています。

それに合わせてツムツム対応機種も変わってきていますね。

少しでも新しい端末の方が長く使えるとは思いますが、購入価格も高くなりますし、長く使う分端末が劣化してしまう(結果使用不能になる)可能性もあります。

古い端末を安く購入してギリギリまで使い倒すのも一案かもしれません。

どの程度の期間使えるのかを予想しながら端末を入手していくのが良さそうです。

コメント

  1. 是空 より:

    GALAXY Feel2 SC-02L
    64ビットでした

    • かのんかのん より:

      ご報告ありがとうございます!
      一覧表に追記させて頂きました!

  2. seira より:

    HUAWEI P30 lite
    ネイティブコードの命令セット:arm64-v8a

    64ビットですね

  3. たか より:

    Huawei Huawei nova lite PRA-LX2 64bitでした

    • かのんかのん より:

      ありがとうございます!
      一覧表に追記させて頂きました!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました